By takuma

 昨年夏に行った、子どものためのデザインワークショップのつづき。北九州市の7つの校区の小学生が秋から冬にかけて、印刷工場に見学に行ったり、実際に自分たちが暮らすまちにでかけました。そして、インタビューなどを行って実際に受注を受けてチラシをつくりました。その展示と発表会が行われるので審査員長として参加してきました(つけ髭を持っていけば良かった)。

Read more

By takuma

 もう随分と前から僕のことを頼りにしてくれた、ワークスのふくぐちさん。最近は長崎で進行中の保育園のプロジェクトで一緒に通っていて。現場監督はじめ、プロジェクトにかかわる人たちを剛柔織り交ぜながら引っ張っていく様に、「随分と成長したなあ」といつも微笑ましく見ていました。そんなふくぐちさんが結婚して京都に移るので、会えなくなることもあり、花見にかこつけてお掘まで(お堀の前に事務所を構えるワークスは桜のこの季節は、まつりが開かれるほど最高なのです)。

Read more

By takuma

京丹波の『ギャラリー白田』で行われる、手漉師の前田崇治さん(紙漉思考室)の展示会に参加します。これまで1年ほど、『ギャラリー白田』の石井すみ子さんと、みなさんと丁寧な打ち合わせが行われてきました。ますます、前田さんの紙は素晴らしいものになっていて。この展示会でどんな新たな表情を見せるのかとても楽しみです。新緑がとても美しいこの季節の京都で皆様にお目にかかれますと幸いです。以下DM(前崎さんデザイン。とても美しいです)より。

Read more

By takuma

 今年は、その時間、進行中の長崎の保育園の現場にいました。白木蓮が映える澄み渡る青空の下、園児たちと一緒に手を合わせました。震災以前から岩手の友人に、ひと足速い九州の春の知らせを届けようと花の写真をアップしていました。なので、今年も。

Read more