IMG_7946

 あそぶことは、生きていく力を育むこと
 
 長崎県諫早市の『みやま保育園』のコンセプトプランニングとアートディレクションを行いました。子どもたちは美しさや機能性の判断基準を他者や周囲の環境じゃなく、自分の内に持っている最も厳しいクライアントであると常々思っています。だからこそ、媚びたものではなく、本能的に喜ぶデザイン、またデザインされていることに気付かずに享受でき、支えになっていくものを届けたいなと思っています。今回、旧園舎に永年園児達を見守ってきた象徴的な大きな楓の木がありました。建築上どうしても伐採せざるをえなくなり、せめて記憶の継承ができればと思い、シルヴァスタインの絵本『おおきな木:原題 The Giving Tree)をデザインのエッセンスのひとつとしました(おおきな木は落成式の贈り物にも)。

 この園にはいわゆる遊具がありません。その変わりに『西海園芸』の庭師、山口さんが五感を使って遊ぶ庭を作られました(この園庭で緑の環境デザイン賞で大賞を受賞。)。四季折々の食べれる果樹、天然の水を引いて小さな川を作り、そこからまた水を引いて田んぼ作った前庭。そして、古墳の様な小高い丘と洞穴のような隠れ家がある中庭。“本物しか使っていません。だから虫も来ます。怪我もします。でも、それで良いんです”。と、きっぱり。決められた範囲の中ではなく、子どもたちが自由に、そして考えて、遊ぶこと=生きていく力を育むこと。と、哲学のようなものが近くて嬉しくなりました。

IMG_8264

IMG_8187

IMG_9497-2

IMG_9660

IMG_9646-2

IMG_7985

IMG_7973

IMG_7953

IMG_8260

かわいさよりも、手がかりになるようなものを

 緑豊かで水流も豊富で風通しもよく、園の内外に四季折々の本物の色が溢れることから園舎内のサインに、カラフルな色は必要ないと判断しました。同時に、子どもたちが今はわかならくても、おとなになったときに、ふいに思い出すようなストーリーを考えていきました。また、「かわいい」という感情は、自分よりも小さき者へ感じるほっとけなさや、あわれみの感情を孕んでいます。ですので、かわいいと感じるものよりも、へんてこに感じたり、ふしぎに感じたり、ちょっと畏怖だったり、想像力を育むもの、道標になるようなものが良いなと良いなと思いました。制作は、木工作家の『nishimokko』の西村さんにお願いしました。西村さんは諫早で学生時代を過ごしたこともあり、子どもたちにとって近しい人が関わることで、あこがれであったり、ふるさとへの想いを育んでほしいとも思いました。

 クラスのストーリーと、タイポグラフィと、モチーフのラフを伝え、あとは西村さんに自由に、楽しんで作っていただきました。通常、サインはクラス名とモチーフが一体になっているのですが、西村さんの作家性を崩したくないなと思い、園長にクラス名とモチーフをわける「表札」を提案しました。快諾してくださり、西村さんも全力で応えて下さり、本当に良いサインが出来上がりました。園舎の落成式では子どもと真剣に向き合った大人たちの結晶に諫早市長をはじめ、来賓の方も感嘆の声を上げていました。今後、一時保育に加え学童も敷地内につくる予定です。0歳児から12歳までの子ども時代の礎を築くことになります。この五感が育まれ、地域の子育て支援の核となる場所で、すくすくと自由に育って欲しいと切に願います。

※西村さんとのサインの設置の様子はこちらから。落成式の様子はこちらから。

IMG_7864

0歳児:おひさまクラス。きょうも みやまのもりに あたたかな 「おひさま」が ふりそそぐ

0歳児:おひさまクラス。きょうも みやまのもりに あたたかな 「おひさま」が ふりそそぐ

1歳児:ふたばクラス。ぽかぽかな みやまのだいちに ぽっと 「ふたば」が めぶく

1歳児:ふたばクラス。ぽかぽかな みやまのだいちに ぽっと 「ふたば」が めぶく

1歳児:わかばクラス。めぶいた ふたばは すくすくと そだって 「わかば」に

2歳児:わかばクラス。めぶいた ふたばは すくすくと そだって 「わかば」に

2歳児:つぼみクラス。きょうはごめんね 「つぼみ」のように とじこもるじかんも たいせつ

2歳児:つぼみクラス。きょうはごめんね 「つぼみ」のように とじこもるじかんも たいせつ

4歳児:たんぽぽ。わらったり ないたり きれいな こころの 「たんぽぽ(はな)」が さく

4歳児:たんぽぽ。わらったり ないたり きれいな こころの 「たんぽぽ(はな)」が さく

5歳児:わたげ。みんなの えがおが きみをささえてくれる さあ 「わたげ」になって どこへでもいこう

5歳児:わたげ。みんなの えがおが きみをささえてくれる さあ 「わたげ」になって どこへでもいこう

アトリエ(道具室)。誰かいるようにしたいと西村さんに伝えると、絵の具とハサミでアトリエリスタ(芸術家)を作ってくださいました。

アトリエ(道具室)。誰かいるようにしたいと西村さんに伝えると、絵の具とハサミでアトリエリスタ(芸術家)を作ってくださいました。

給食室。なんて美味しそうなサイン!

給食室。なんて美味しそうなサイン!

事務室(大きな木の部屋)。楓の木を使って大きな木を。これまでの園舎の記憶をつなぎます。

事務室(大きな木の部屋)。楓の木を使って大きな木を。これまでの園舎の記憶をつなぎます。事務室なので、枝が鉛筆に!西村さんの細やかな仕事。